イメージ・コンサルタントの荒木裕子です。

 

雨の多い季節に入りましたね。
こういう時期だからこそ
服装はすっきりとしたいものです。

 

先週、ある方とお会いした際に、
「ブログを息子にも読ませていますよ!」と嬉しいご報告を頂きました。
褒められて伸びるコンサルタント(?)としては、
とても励みになります!!本当です!

 

このブログはビジネスパーソン向けに書いておりますが、
それは社会人になっても、
きちんとした着こなしの仕方がわからない方が多いから。

 

現代は服装に関して、
「親が教えられない時代」と言われているそうです。

 

例えば、男性のスーツの着こなしに関して、
以前はご家族や先輩方などから習う
という時代がありました。

 

しかし、今やその方々の
服装に対する知識が不確かな時代なのです。

 

 

 

 

 

もし10代の頃に、
人は服装によって相手に与える印象が違ってくることを知り、
相手に失礼にならないようにするには、
基本的な着こなしの知識を持って、
TPOを考えて服装を選ぶ力を身に着けることが大切
としっかり学んでいれば、

 

流行に振り回されることも
知識の無い店員さんの話を鵜呑みすることもなく、
自分の力で服を選び、
着こなすことができるはずです。

 

ご存知のように、職場では、
服装のカジュアル化がどんどんと進んでいます。

 

しかし、どんなにカジュアル化が進んでも
きちんとした場に出る機会は必ずあります

 

そんな時に、
「どうしたら良いかわからない」と思考停止になってしまったら
間違った服装をして恥をかいたり、
目の前にあるチャンスも逃してしまうかもしれません。

 

着こなしやマナーは、
「知っているか」、「知らないか」だけのこと。

 

知っていれば、それが自信に繋がり、
相手の方に失礼をすることなく安心感を与え、
円滑なコミュニケーションが図れます。

 

服装に日々悩んでいる方にはヒントを
今まで、関心を持たなかった方々には気付きを
与えることができればと、
毎回そんな思いを抱きながら書いております。

 

「今日こそは短くすっきりと」と思いながら書き始めますが、
また今回も長くなってしまいました。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。